ブロンプトンで遠足

ちび自転車・16インチ・変速ギア無しの『ブロンプトン』で自転車散歩してます

街角で発見「多摩川の筏流し」

多摩区役所の近くをポタポタして、ここに来ました。

 

目の前には、昔むかしの多摩川の筏流しの説明があります。

 

というのも、前回、府中の「筏道」を歩きましたね。

 

その筏がらみで、突然「アレ、あそこになんかあったゾ」というのがひらめいたんです(ひらめくのが遅い)

 

で本日、シゲシゲとじっくり拝見しています。

f:id:aozorapota8823kun:20210331144532j:plain

こちらがこの案内にある「多摩川の筏流し」の風景です。

 

焼き付けたられた写真は、日焼けしてボロボロになってますけど、なんとか見れますよ。

f:id:aozorapota8823kun:20210331144327j:plain

では、拡大しましょう。

 

こちらは大人数で筏に乗っているのかな。

 

全員がカメラの方を見ているね。

f:id:aozorapota8823kun:20210331144432j:plain

このお方は、一人でふんばってます。

 

チカラが入ってますよ。

 

なんとなく、ファイト一発って感じ

f:id:aozorapota8823kun:20210331144443j:plain

こちらは、二人で筏の上です。

 

右のおじさん、漕ぐのを止めて、完全にモデルさんしてます。

f:id:aozorapota8823kun:20210331144452j:plain

ここで案内にあった説明を引用します。 

多摩川の筏流し
江戸末期の登戸の急速な発展には、多摩川の筏流しも大いに関係がある。
人口急増と再三の大火で、当時の江戸の材木需要は増すばかり。
多摩川を使つて運ばれた奥多摩地方の青梅材は、とくに急な需要に重宝がられた。
筏流しは秋の彼岸から翌年の初夏頃まで。
この間に何千枚という筏が下ってきた。
安永三(一七七四)年から明治初年まで、筏の運上金を徴収するため、登戸には筏会所が置かれている。
通帳に割印をもらうため、筏乗りたちは必ず登戸に立ち寄った。
筏乗りを泊める「上州屋」や「玉川楼」という筏宿も繁盛し、町は大いに活気づく。

この説明で、筏乗りたちは必ず登戸に立ち寄った 、とありますね。

 

ということは、府中の「筏道」は、この登戸につながっていたんですよ。 

 

それに、上州屋と玉川楼って、どこだろう?  

 

そんなことを考えながら、多摩川の川岸を走ってます。

 

筏乗りたちが見たかもしれない多摩川の桜は、満開でした。

f:id:aozorapota8823kun:20210331150451j:plain

f:id:aozorapota8823kun:20210331150857j:plain

f:id:aozorapota8823kun:20210331151434j:plain

 

●記録

月日:2021年3月31日 水曜日

時間:14時~16時

場所:多摩区内

距離:5Km

 

●関連したもの