ブロンプトンで遠足

ちび自転車・16インチ・変速ギア無しの『ブロンプトン』で自転車散歩してます

川崎市に残る唯一の「筏道」は400m、新発見は往復から?

JR南武線の中野島駅から歩いてきました。

 

 道の角にあるのは、手入れがてきてる空き地かな?

 

ではなくて、川崎市に残っている「筏道」の案内です。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403104303j:plain

こんな具合にできてました。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403104443j:plain

その内容を引用します。

筏流しと筏道
中央通り商店街にある馬頭観音の横を通っている細い道は、むかし筏道と呼ばれていました 。
江戸から大正にかけて多摩川に筏流しが多く見られ、
多摩川の上流の青梅や五日市地方で切り倒された木を筏に組んで、六郷の方まで流したものです。
太くて長い木を何本も組み、筏乗りが二人ぐらいで細長い杉の木のさおでこぎながら、 多摩川を下っていきました。
道がよくなり、トラックで物を運ぶようになると、しだいに筏流しも見られなくなりました。
この道は、筏乗りが筏を六郷まで運んだ帰りに通った道のことで、川崎市に現存する唯一の筏道です。

馬頭観音の横を通っている細い道、というのはつぎの写真の道のことですね。

 

そしてこの道は、川崎市に残っている唯一の「筏道」というではないですか。

 

こうなったら、ここを歩くしかないでしょ。

f:id:aozorapota8823kun:20210403104412j:plain

ここで写真を撮ってたら、ママチャリのおばちゃんが、すーっと通り越していきます。

 

おばちゃんの後を追うように、では行きましょう。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403104519j:plain

少し歩きました。

 

どこにでもある路地ですけど、“唯一残っている”と言われると、なんとなくそれっぽく見えてきてしまうのは、おじさんの頭が単細胞だからでしょうか。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403105137j:plain

また少し歩いてます。

 

アスファルトのような舗装はできてますけど、直線が無いので、道は昔のままなんでしょう。

f:id:aozorapota8823kun:20210403104940j:plain

そんなことを考えいたら、いきなり広い道路に出ていました。

 

アリャ、「筏道」はずいぶんと短いな。

 

ここまで400mほどです。

 

広い道路の先の道は、ほとんど直線になってます。

 

どうもこの先の直線道路は「筏道」ではないような、雰囲気ですね。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403105343j:plain

ではここで、多摩川の川岸に出てみようと、堤防の上に上がりました。

 

土曜日で天気がいいものだから、さっきから自転車がいくつも、すっとんで走っていきます。

 

もっとゆっくり走れないのかなー 

f:id:aozorapota8823kun:20210403105840j:plain

スピード違反の自転車に当たらないようにして、脇の地図を見ましょう。

 

フムフム、えーと、ン??

f:id:aozorapota8823kun:20210403110529j:plain

つぎの地図は、わたしが記号などを入れて加工しました。

 

さっきの案内板の先に、筏道のつづきの道があるように見えますよ。

 

これは新発見かな。

 

では、確認のために戻るとしましょう。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403172323p:plain

けっきょく、筏道を往復しました。

 

そしてさっきのスタートの場所に立ってます。

 

なるほど、この先に路地がありますよ。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403111419j:plain

ではこの路地を行きます。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403111503j:plain

すこし歩いたら十字路で、その先にも続いてます。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403111553j:plain

で、ここで行き止まりになってました。

 

どうも工事中のようです。 

f:id:aozorapota8823kun:20210403111723j:plain

そしてつぎは、今日歩いたコースを地図に落し込みました。

 

こうするとわかりやすいでしょ。

 

青い線は「筏道」、赤い線は「筏道」に続いているように見える路地です。

 

こうして見ると、続いてますよね

 

でも案内には、こっちの路地は書いてないし、ちがうのかなー 

 

やっぱりこういうのは、カッチリと、ここからここまでって言えないんでしょうね。 

 

新発見かと思ったおじさんの単細胞頭は、ここで迷路に入りました。

f:id:aozorapota8823kun:20210403172327p:plain

 

●記録

月日:2021年4月3日 土曜日

時間:11時~13時

場所:南武線中野島駅近く

距離:徒歩

 

●関連したもの

筏道あれこれ

品川道あれこれ

 

●出典・地図について
このブログに使われいてる地図や空中写真の一部は、国土地理院発行の電子地形図「タイル」、陰影地形図「アナグリフ」、空中写真などを複製し、自転車走行軌跡や記号等を追加して掲載してます。
地理院タイル一覧ページhttps://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html