ブロンプトンで遠足

ちび自転車・16インチ・変速ギア無しの『ブロンプトン』で自転車散歩してます

多摩川を描いた古い絵図を見に行く

ここは「多摩川白衣観音菩薩」というお名前の名所です。

左側には京王閣競輪場があって、わたしが立っているところには、あの「へんなもの左岸」がありますよ。

で、なんでここに来たのかというと、江戸時代の絵図を見に来ました。

古い絵図を見るのって、たのしいですよね。

それで、境内にある案内には、この観音菩薩さんの歴史がいろいろと書いてあって、その下には古い絵図があります。

絵図の名前は「武蔵國調布多摩川絵図」といいます。

そしてここには、わたしの他は、だーれもいません。

独占状態で、この絵をじっくり見ることにします。

見てのように、絵は横に長いです。

なので、写真にするために、絵を部分的に切り取って拡大しました。

この絵はかなり細かく描いてあるので、拡大しないと見づらいからです。

そしい拡大した絵には、わたしが勝手に題名を付けました。

では、見ていきましょう。

 

「多摩川の鵜飼い」

鮎は多摩川の名物でした。

 

「投網」

自転車で多摩川の淵を走っていると、今でも、たまーに見かけます。

いいのかな。

 

「釣果の自慢はつづく」

いつもの仲良し三人組。

 

「鮎で一杯」

釣り上げた鮎を塩焼きにして、さあ宴会の始まりです。

 

絵図をじっくり見た後の帰り道、サイクリングロードをよたよた走っていたら、こんな光景に出会いました。

自転車を留めての一枚です。

 

●記録

月日:2022年11月9日 水曜日

時間:10時~14時

場所:多摩川の川岸あっちこっち

距離:19Km

 

多摩川の鮎いろいろ