ブロンプトンで遠足

ちび自転車・16インチ・変速ギア無しの『ブロンプトン』で自転車散歩してます

多摩川を描いた古い絵図を見に行く その2 宮内村の土手は絵図にあった

ところで、11月9日のブログには、多摩川白衣観音菩薩の境内で見た古い絵図のことを書きました。

 

それで今回は、この絵図のなかに描かれてあった「土手」について、あれこれと探ってみようというコンタンです。

 

結論から話せば

川崎市にあった宮内村を囲っている土手は、この絵図と同じだろう

というのが今回の話です。

 

そういうことで今回のお題は、

宮内村の土手は絵図にあった

にしました。

 

今回も文章はできるだけ省略します。

紙芝居を見ているイメージでどうぞ。

では、始まり、はじまりー

 

まずは、絵図をじっくりと見ましょう。

 

 

土手の絵をじっくり見たところで、昔のこういう土木工事は、すべて人の手で行ったのですよね。

 

江戸時代も、明治時代も作業のやり方は、ほとんど同じだったはず。

そうすると、河原の土手の作り方もずっと変わらなくて、おなじ形になったと思います。

 

そしてつぎの地図が、川崎市にあった宮内村とその土手です。

 

ここからは、現在の話です。

時代が変わっても人の発想は同じで、ちがうのは、今では機械が作業をするようになったことですね。

 

 

絵図に、土手の上を歩いていた人がいましたね。

その土手の高さは、人より少し高いくらいでした。

そこで、この写真の場所の高さを測ってみました。

なんと、人の背丈と、ほとんど同じでした。

 

前回のブログ

 

宮内いろいろ

 

多摩川の筏道をさがして歩きます

tamaikada.hateblo.jp

 

【地図の出典について】

地図は「歴史的農業環境閲覧システム」の画像に、場所等の名前や記号を追記して掲載。記号等の追記には「ひなたGISを用いた」

農研機構農業環境研究部門
https://www.naro.go.jp/laboratory/niaes/

歴史的農業環境閲覧システム
https://habs.rad.naro.go.jp/

地理情報システム ひなたGIS
https://hgis.pref.miyazaki.lg.jp/hinata/