ブロンプトンで遠足

歩いて散歩・ブロンプトンで散歩

金谷から久里浜へ。フェリーの船長は浦賀水道をまっすぐに行きます

目次の項目は記事へリンクしてます。

 

一度乗ってみたかったのに、東京湾フェリーがあります。

 

今日は天気もいいので、チャレンジに行きました。

 

今回は、千葉県の木更津駅から走りました。

 

木更津駅前でブロン君を組み立てて、では出発です。

 

信号待ちで下を見たら、こんなマンホールが。

 

童謡の証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は有名ですね。

 

そのお寺がここ、木更津市内にあるんですね。

 

知らなかったなー

 

いままでいろいろ見てきたマンホールの蓋のなかでも、かなりおもしろいもののひとつでね。

a002

たまさ醤油

 

タヌキのつぎに現れたのは、大きな桶です。

 

これ、直径が2メートル以上ありますよ。

 

なんの桶なんでしょうかね。

a012

そんな桶がある家の屋根です。

 

雰囲気いっぱいですね。

a005

どれどれと、家の正面に回ってみたところが、この写真です。

 

たまさ醤油

 

しょうゆ屋さんで、江戸時代の末期から続いているということです。

 

しばらく写真を撮っていたんですけど、さっきの大きな桶の前が駐車場になっていて、何台もの車が出入りしてますよ。

 

お客さんが絶えないですね。

a007

a009

この明かり取り、家を作った当時のままなんでしょう、ドッシリしてますね。

a010

そしてなんと、この建物は文化庁の登録文化財でした。

a011

またポタポタ走ってます。

 

ここらで一休み。

 

波が穏やかで、風もないですね。

 

なんだか、眠たくなってきました。

a014

JR浜金谷駅

 

眠気を我慢して、ワッセワッセとやって来たのは、JR浜金谷駅です

 

駅名の看板の上側が、ギザギサなのがいいですね。

a019

なんか、カワイイっていう表現の駅舎ですね。

 

たぶん屋根の色ぐあいと白い柱で、そう感じるんでしょう。

 

土曜日ですけど、お客さんはパラパラでした。

a024

駅舎の中から、入り口側を見てます。

 

石と芸術の町。

 

なるほど、近くに金谷美術館がありますからね。

a020

フェリーを待ってます

 

カワイイ浜金谷駅で水補給をして、本日の自走の最終目的地、金谷港フェリー乗り場に到着しました。

 

乗船券を買って、記念写真です。

 

フェリーは、だいたい1時間に一つが運航してます。

 

こんどの出港は2時20分、だいぶ時間があるので、ぶらぶらしましょう。

a026

まわりは海だけですね(あたりまえ)

 

若い人は、ここに来てもスマホですか。

a029

時間になって、自転車を運びみした。

 

今回、自転車乗りは5人だけ。

 

わたし意外は、みんなロードレーサー。

 

自転車は、歩きの人や自動車よりも先に運びいれましたよ。

 

そしてここは客室。

 

まだほかのお客さんが上がってきませんね。

 

客室はとてもきれいになってます。

a031

 

a035

なんと、フェリーにもグリーン室というのがあるんですね。

 

何人かで割り勘したら、安いですよ。

a034

では、出港です。

a036

おおっ、動いてる。

 

へんに感動してます。

a043

この船の船長は、曲がった事が嫌いな人柄で、とにかくまっすぐ進んでます。

a046

そして久里浜港に到着する、すこし前。

 

自転車置き場へ、自転車乗りたちが集まってきました。

 

ブロン君は、こんな感じで固定されてます。

 

ハンドル部分には、クッション材を使ってますよ。

 

相当に気をつけてますね。

a049

で、下船して、いま乗って来た船はどんなのかなーっと思って、一枚撮りました。

 

しらはま丸です。

 

ほかの自転車乗りたちは、このフェリーを何度も使っているんでしょうか、下船したら、いちもくさんに、かっ飛んで行きます。

 

船をボーッと見てるのは、わたしだけでした。

a053

 

 

○月日・2016年5月21日土曜日

○時間・9時~14時

○場所・千葉県・木更津駅→浜金谷駅→フェリーで久里浜

○距離・36Km自走分

  

▼房総半島をのんびり走りました