ブロンプトンで遠足

ちび自転車・16インチ・変速ギア無しの『ブロンプトン』で自転車散歩してます

ペリー提督が見た江戸湾の風景

横浜の本牧の周りを「ブラフ」という崖を探しに、あっこっち歩きます。

だいぶ古い記事ですけど「ペリー提督が見た江戸湾の風景」を載せます

ニフティーのブログ「ココログ」に載せてあった記事を、この機会にこっちの「はてなブログ」に移すことにします。 横浜の本牧の周りを「ブラフ」という崖を探しに、あっこっち歩きました。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 「夏島」はペリー艦隊の乗組員たちの、思い出いっぱいの行楽地だった

内容を修正してます

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 横須賀の追浜は、地元愛マンタンの「夏島」の町でした

「夏島」を知ってますか。と聞いても、ほとんどの人が、何?となりますね。でもペリー艦隊の水兵さんは知っていました。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 ペリー艦隊に同行した画家、ハイネが描いた平潟湾の絵が見たかった

画家は平潟湾のなかを見てなかった?

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 野島山の海抜は2メートル違っていた

「金沢八景」まで来ました。八景というだけあって、八つの景色がマンホールのフタに描かれてありました。ペリー提督もこの絵のような景色を眺めたのでしょうね。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 ペリー艦隊の停泊地、八景島シーパラダイスの沖を空中写真と海図で見る

アメリカ停泊地の場所をさがす

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 ガケを探して旧海岸線を歩いて、ペリー艦隊が碇泊した小柴で黒船発見!?

八景島シーパラダイスの片隅に、ペリー艦隊の来航を記念した碑があります。ほんとうに小さいので、シーパラダイスに来た人たちはまったく気づかないだろうね。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 富岡 「長浜公園」のガケは高くて長かった。

また富岡のガケを歩いています。横浜の本牧十二天から始まって、ブラフ、ガケの話しは、まだまだ続きますよ。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 富岡総合公園も、りっぱな「マンダリン・ブラフ」だった

富岡総合公園の周りを立体的にしました。海からの見え方はどうでしょうか。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 ミカン色の崖は、磯子にも広がっていた

今回は、国土地理院さんの地図をいろいろと使っています。使いこなすには、そうとう歩かないといけないかな?

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 マンダリン・ブラフは、本牧だけだったのか

金沢八景の一つの富岡に来ました。ここは江戸時代の観光名所で、風景画にもよく出ています。そんな場所をブラフ(ガケ)を探しに歩きました。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 本牧でブラフを探して歩いた軌跡は、海図と同じになった

このところ自転車のペダルを回してなくて、歩いてばかりです。ガケを探して移動しているで、しかたないかな。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 海から見たマンダリン・ブラフは高くて長かった

マンダリンブラフは、いろいろと発見が あります。ペリー提督の海図を確認するために、また歩きました。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 ブラフを探してどこまでも、さがしたブラフは1キロメートル

本牧のブラフはどんだけなんだろう、と思ってまたまた歩きました。今回は曲がり曲がりの撮影ポタです。

「ペリー提督が見た江戸湾の風景」 本牧十二天とマンダリン・ブラフとペリー提督の海図

ブラフという言葉から、マンダリンブラフという言葉があることを知りました。そのマンダリンブラフを見ましたよ。なかなかの歴史が詰まっていそうですね。