ブロンプトンで遠足

歩いて散歩・ブロンプトンで散歩

「ペンシルロケット」だらけのお口なおしは、1本80円の焼だんご

「新東京百景」にもなっている多摩川の五本松のこの辺りは、散歩の人たちが多いですね。

 

やっぱり広い空と、ゆったりした川がいいんです。

20170924-001

そんな散歩の人たちを横に見て、エッサエッサとやってきました場所は、ここです。

 

「ロケット発祥の地」

 

細かな説明は、Webの方が詳しいので省きます。

 

どうですか、記念碑にペンシルロケットの実物大が入ってますね。

 

ヘーッ、こんなのが初めてだったんだね。

 

だいぶ小さいですよ。

20170924-009

それにしてもこの水滴、なんとかならないかなー。

 

せっかくの記念品(?)が、しっかりと見れないですよ。

20170924-011

この記念碑は、いがいと人通りの多い場所にあります。

 

住宅地のど真ん中。

 

JRの吉祥寺駅が近いです。

20170924-007

そしてこの場所は、旧中島飛行機発動機の発祥の地でもありました。

 

あの、中島飛行機ですよ。

20170924-018

さっきから写真をパチパチ撮っていて、この四つ角を、日曜の人がどんどん通り過ぎるんですけど、どうも、この記念碑には、だあれも関心が無いように見えたのは、わたしだけだったのかなー。

20170924-017

で、つぎに来たのは、ここです。

 

「日本の宇宙開発発祥の地」

 

さきほど見たペンシルロケットを手にしているのは、糸川英夫博士です。

 

あの惑星イトカワの名前も、糸川英夫博士からですね。

20170924-022

こちらの記念碑には、石で、ペンシルロケットの形ができてます。

20170924-023

20170924-028

この記念碑も、クルマがひっきりなしに通り過ぎる、すぐ脇にありました。

20170924-027

じつはここ、早稲田実業学校中・高等部の敷地でした(たぶん)

 

かなり解放的だったのて、勝手に写真を撮らせてもらいました。

 

たいへんに失礼しました。

20170924-033

そのあと、マンホールの蓋の写真をパチパチしてたら・・・

20170924-034

いいもの発見!!

 

なんと、ペンシルロケットは、マンホールの蓋にもなってましたよ。

20170924-035

全長が23センチとあります、しかも(実物大)

 

なに?、実物大ってか。

 

待ってました、ここで登場するのが、あのメジャーです。

 

玉電の線路幅を測って以来、ブロンプトンのリアバッグの片隅で、静かにくすぶってました。

 

しかーし、いま、活躍の場、大舞台が来ました。

20170924-036

うーん、なるほど、そーか、23センチでした。

 

(ちよっとのズレは、誤差のうち)

 

写真を撮りながらニヤニヤして、こんなことをしていると、信号待ちのクルマの人たちは、「なにしてるの?」と、細ーい目でわたしを見ます。

 

そんな目なんか気にしないで、ロケットの寸法の計測を進めるポタさんでした。

20170924-038

で、ペンシルロケットのマンホールは、こんな場所にありますよー

 

右が、早稲田実業学校の校舎です。

20170924-042

近くには、こんなマンホールの蓋もありました。

20170924-046

そのあと、JR国分寺駅まで移動して、あの有名な元ボクサーがやっている、だんご屋さんへ来ましたよ。

 

焼だんごを一つゲット(80円)です。

 

これ、だんご四兄弟ですね。

 

店の前でモグモグ食べながら、さっき見たペンシルロケットと、このダンゴの関係について、学術的に理論的にいろいろ考えました。

 

で、もうひとつ食べるという、結論に至りました。

20170924-048

○月日:2017年9月24日日曜日

○時間:10時~15時

○場所:三鷹市

○距離:35Km

 

▼ダンゴとたい焼きで走ります